売れ筋商品
カテゴリー
会員専用ページ
ログイン
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
商品検索
ショップ紹介

町田 悟
三度の飯より四駆好き。20年来の四駆乗りで2級整備士です。四駆乗りと整備士の両方の目からアフターパーツを厳選してお届けします。競技参戦も好きですが、気の合う仲間と一緒にオフローディングを楽しむのも好きです。心から四駆ライフを楽しみたいというオフローダーのために、少しでもお手伝いがしたいと思いこのオンラインショップを立ち上げました。今後ともよろしくお願いします。

役立つ四駆の情報満載!週刊のメルマガを無料でお届けします。


ブログもどうぞご覧下さいね。
フリーページ
rss atom

オフロードの運転で大切なこと

ラングラーJKやジムニーなどの四駆を購入した、または四駆のパーツを購入した場合には、オフロードで走行してみたいものです。そのオフロードを走行する際には、覚えていてほしい「大切」なことがあります。

タイヤが通過する場所を意識しましょう

まず、オフロードを走行する際にはタイヤが通過する場所を意識することが大切です。オフロードには、凸凹はもちろん、砂利やぬかるみ、ガレキといった障害になるものが多く存在します。 人が道を歩き、そのような障害物に遭遇した場合「砂利では滑らないようにしよう」「ぬかるみを避けるようにしよう」など、通過するコースを想定して歩行を開始します。「ぬかるみを避けて、砂利では滑らないようにして、走行しよう」と、タイヤが通過するコースを想定して走行することが大切なのです。そのようにすれば、愛車に負担を強いることなくオフロード走行を楽しむことができます。

ハンドルをしっかりと握りましょう

そして、オフロードを走行する際には、ハンドルをしっかりと握ることが大切です。 基本の握り方は、いわゆる「サル手」というものです。おサルさんが枝を掴むときの、あの握り方ですね。小学校の時、鉄棒の授業で先生から「サル手はだめだよ」と教わった方も多いでしょう。あの、親指を巻き込まない握り方が、クロカン走行では基本です。荒れた路面ではタイヤが思わぬ方向に向きを変え、ハンドルがキックバック(タイヤからの入力によってハンドルが急に回る現象)を受けることがしばしばあります。 こういった場合、オンロードと同じ握り方では、親指をスポークに強打し、思わぬ怪我をしてしまうことがあります。だから、ハンドルの握り方ひとつでも、基本が大切なのです。最初は違和感があるかもしれませんが、慣れてしまえば意外としっくりくるはずです。

これらのポイントは、オフロードを走行する際に大切なことですので、ぜひ覚えておきましょう。 トレッド4×4サービスでは、ラングラーJKやジムニーといった四駆のパーツやホイールの販売を行っています。パーツやホイールを購入して愛車をドレスアップし、オフロードを走行を楽しみたいと考えている方は、ぜひトレッド4×4サービスをご利用下さい。

・クレジットカード
・コンビニエンスストア決済
・PayPal(ペイパル決済)
・宅急便コレクト・ヤマト便コレクト
・銀行振り込み
(ジャパンネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行)

お支払い方法詳細はこちらをご覧下さい。
・ヤマト運輸 宅急便
・ヤマト運輸 宅急便コレクト
・ヤマト運輸 ヤマト便
(大型商品対応便)
・ヤマト運輸 ヤマト便コレクト
(大型商品対応便)

[タイヤ]
お届け先の都道府県、お買い上げ数量によって送料が変わります。ご注文確定後、送料計算の上でご連絡致します。また、ご注文前でも送料を計算致しますので、お申し付け下さい。

[ホイール]
全国送料無料です。ただし、沖縄県のみ1本あたり1,500円の送料をご負担下さい。

[その他の商品]
全国送料無料です。

ジムニーなど本格4x4のパーツやホイール通販

ジムニーソフトトップやサスペンションなど、4x4の輸入パーツやホイールはトレッド4x4サービスの通販で手に入れよう!